ビットコイン・ブロックチェーンを活用した極小決済コンテンツ配信プラットフォーム「スポットライト」がサービスを開始。誰もが自らコンテンツを配信できて、購読されるとビットコインを得ることができます。

ビットコイン・ブロックチェーンを活用した極小決済コンテンツ配信プラットフォーム「スポットライト」がサービスを開始。誰もが自らコンテンツを配信できて、購読されるとビットコインを得ることができます。

11月 22, 19
PRTIMES

no comments
株式会社来夢(代表:韓元徳、本社所在地:三重県鈴鹿市)は、投稿した記事が購読されることによってビットコインを得ることができる新サービス「スポットライト(ベータ版)」を2019年11月22日にリリースします。

 

●Spotlight(β)の紹介
日本語公式サイト: https://spotlight.soy
「誰もが主役に、安心して始められる」をミッションに掲げて、ビットコイン・ライトニングによるコンテンツ配信可能な自己表現プラットフォームを開始します。有料コンテンツの販売や記事購読は、事前にクレジットカード登録が必要で、少額単位(100円以下)での課金ができないという現状があります。Webサービスごとにクレジットカードを登録するのは個人情報漏洩のリスクに繋がり、安心してWebサービスを楽しむことができなくなってきています。そこで、スポットライトは以下の特徴あるサービスを実現させました。

✔ わずらわしい広告は一切なく、投稿者の良質なコンテンツによって成立つサービスです。
✔ ブラウザ対応なので、アプリインストールは不要です。
✔ お試しで気軽にスタートでき、必要な登録情報はメールアドレスとパスワードのみです。
✔ 情報漏洩が心配される個人情報・クレジットカード情報の登録は不要です。
✔ 貯まったポイントは関連ECサイトで商品の購入ができます。
✔ 貯まったポイントはビットコインで引出しすることができます。(*有効期限30日以内)
✔ 瞬時完結する送金の手数料が約1銭*だからこそ実現可能な仕組みです。(*現行レートにおいて)

●ビットコイン・ブロックチェーンを活用したポイントシステム
ユーザーは、ビットコイン*1を使ってSpotlight上のコンテンツの購入や投げ銭をすることができ、受取ユーザーはポイントとして受取ります。またユーザーは、そのポイント*2をビットコインとして外部ウォレットへ引き出すことができます。スポットライトと協業する加盟店でのポイント使用も可能にする予定です。
*1 Lightning Networkを活用して、高速でわずかな手数料で送金が可能です。
*2 ポイントの有効期限は30日です。失効後はビットコインの引き出しができません。

Spotlight:少額決済向けコンテンツ配信Spotlight:少額決済向けコンテンツ配信

●キャンペーン
Twitterにてリツイートしていただいた先着100名様に各自10,000ポイントを贈呈いたします。(*有効期限:2019年12月31日)
詳細 https://spotlight.soy/detail?article_id=lxhkk64fm
公式ツイッターアカウント https://twitter.com/spotlight_ja

●ポイントの価値についてはこちらを参照ください
https://spotlight.soy/detail?article_id=vpszw680g#q4

●ビットコイン・ライトニングについてはこちらを参照ください
https://spotlight.soy/detail?article_id=ylezee2jl

●法規制に関して
現行法上、特段の規制はかからないと理解していますが、2020年春の改正資金決済法の施行後はスキームを変更する可能性があります。

社名: 株式会社来夢(らいむ)
代表取締役: 韓 元徳
所在地: 三重県鈴鹿市住吉町5769-9
設立: 1996年3月1日
担当者: 韓(かん)、技術/小川
お問合せ先: info@spotlight.soy

Comments Are Closed!!!