『#猛暑日にここひえ』プレゼントキャンペーンを開催!指定日にショップジャパン公式アカウント(@ShopJapan)‏をフォロー&RTでパーソナルクーラー「ここひえ」をプレゼント

『#猛暑日にここひえ』プレゼントキャンペーンを開催!指定日にショップジャパン公式アカウント(@ShopJapan)‏をフォロー&RTでパーソナルクーラー「ここひえ」をプレゼント

7月 31, 19
PRTIMES

no comments
パーソナルクーラー「ここひえ」を販売するショップジャパンは、指定日にtwitter上で「#猛暑日にここひえ」とツイートすると毎回1名様以上に「ここひえ」をプレゼントする『猛暑日にここひえプレゼントキャンペーン』を本日より開催いたします。

『夏場のエアコン温度の男女差に関する調査』※にて、体感温度差やエアコンの設定温度が原因で言い合いになったことがある方が多いことが分かりました。本キャンペーンは、1人でも多くの方に暑い日を快適に過ごしていただきたい、という想いで企画しました。パーソナルクーラー「ここひえ」で、あなたの周りだけを冷やし、快適な温度設定をお手伝することで、夏の体感温度差による、仕事の効率低下や人間関係へのネガティブな影響をサポートします。

また現在公式ストアサイトでは、今回行った『夏場のエアコンの温度設定』の調査結果で、「暑さ対策アイテムに求めること」で回答が多かった「冷え過ぎず、やさしい涼しさである」「省エネである」の両方を兼ね備えている「ここひえ」のおすすめ利用シーンをご紹介中です。(ここひえ徹底活用術:https://www.shopjapan.co.jp/special/39mag.html)

ぜひ今年の夏は「ここひえ」を上手に活用し、快適に過ごしてみてはいかがでしょうか。

※自社調べ、調査結果概要は別紙にて参照ください。
 

  • 『猛暑日にここひえプレゼントキャンペーン』プレゼントキャンペーン開催概要

■期間:2019年7月31日(水)15:00~8月31日(土)23:59内の猛暑日5回実施予定
■参加方法:
1)ショップジャパン公式twitterアカウント(@ShopJapan)をフォロー
2)猛暑日もしくは猛暑日予報がでた日に公式アカウントより投稿されるキャンペーンツイートに「#猛暑日にここひえ」を付けて引用RT。暑い日のエピソードとともにツイートすると当選確率があがるかも!?
※キャンペーンを開催する指定の猛暑日は、日本全国を対象とし、ランダムに実施を決定します。
■当選賞品:ここひえ
■当選者数:毎回1名~
■当選連絡:当選者にのみTwitterのダイレクトメッセージで連絡
■注意事項:
・ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。 
・当選賞品の販売・換金はできません。 
・当選に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。 
・やむを得ない事情により、企画内容、賞品は予告なく変更となることがあります。 
・当選者の住所が不明確な場合や、転居による住所変更などの理由により、賞品をお届けできない場合、当選資格を無効とさせていただく場合があります。 
・同一住所への賞品の発送は1点までとさせていただく場合があります。 
・その他、弊社が不正とみなした方は当選対象外とさせていただきます。 
・個人情報の取扱いについては、プライバシーポリシー(https://www.oaklawn.co.jp/privacy/)をご一読ください。

  • 商品概要

「ここひえ」は、あなたの周りだけをピンポイントで冷やすパーソナルクーラー。気化熱現象を利用した冷却技術で優しい涼しさを体感でき、軽量・コンパクトで持ち運びが可能なのであらゆるシーンでお使いいただけます。一晩中つけても電気代は約1.1円※で省エネなので、夏場の電気代節約が目指せます。
4月の発売以降、現在までで25万台の出荷台数を突破しました。
※ここひえを8時間動作させた場合。1kWh=27円で計算。使用条件により異なります

■ここひえ商品サイト:https://www.shopjapan.co.jp/products/CCH0-00000/

※ご参考情報※

  • <パーソナルクーラー「ここひえ」 夏場のエアコン温度の男女差に関する調査>   

男女のエアコン温度戦争勃発!?夏場のオフィスは
7割以上の男性が“暑い”一方で、半数の女性が“寒い”と感じている!
「快適ではないオフィスの温度」が原因で、仕事効率が低下する人は全体の半数以上も!
家庭では体感温度差が原因で3組に1組が夫婦喧嘩に!最も揉めるのは「就寝時」

  • <調査結果サマリー> 

1)快適ではない温度がオフィスワーカーに与える影響
・全体の54.0%が夏場のオフィスの温度を快適だと「感じることはない」と回答
・快適な温度ではないので仕事の効率が下がると感じたことがある人は全体の55.5%
・夏場のオフィスの温度を快適だと「感じることはない」と回答した男性の72.1%が「暑い」、女性のおよそ半数が「寒い」と回答
・温度設定の決定権者が「自分」とした人は25.2%。周囲の人に配慮している様子が伺え、個別の温度調整が必要

2)男女の体感温度差が夫婦(パートナー)に与える影響
・既婚者全体の77.9%が夫婦(パートナー)間で体感温度が食い違うと回答
・既婚者全体の30.7%の人が、体感温度差やエアコンの設定温度が原因で言い合いや喧嘩になったことが 「ある」と回答
・夫婦間で温度設定に関して揉めた場面TOP3は、「就寝時」「家でゆっくりしている時」「お風呂上り」
・夏場の家庭でのエアコンの最適な温度について、全体の平均は25.5度(男性平均25.2度、女性平均25.7度)

3)暑さ対策のキーワード
・夏場のエアコンを使用する際の悩みで最も多いのは「電気代が高い」で42.7%
・全体の34.3%の人が、夏場のエアコン設定温度で揉めた際の解決策して「暑いと感じている方が、団扇や扇風機などで個別に涼をとる」が理想的だと思うと回答
・暑さ対策アイテムに求めることは、「冷え過ぎず、やさしい涼しさである」「省エネである」

【調査概要】
調査名:夏場のエアコン温度の男女差に関する調査
調査主体:ショップジャパン「ここひえ」(株式会社オークローンマーケティング)
調査対象:全国20~50歳の男女 600名(働いてる方、既婚者)
実施期間:2019年5月
調査方法:インターネット調査
※本調査結果を引用いただく際は、【ショップジャパン「ここひえ」調べ】とクレジット記載をお願い致します。

■お客様お問い合わせ先■
ショップジャパン受付センター:0120-549-096

■この件に関するお問合せ先■
株式会社オークローンマーケティング 広報担当
TEL:(03)6746-0324  FAX:(03)3501-5324
EMAIL:pr@shopjapan.co.jp

Comments Are Closed!!!