創業430余年の老舗魚商による“珍味専門自販機”が小田原漁港に登場!小田原の土産が24時間購入可能!

創業430余年の老舗魚商による“珍味専門自販機”が小田原漁港に登場!小田原の土産が24時間購入可能!

9月 22, 21
@Press

no comments

創業1587年の鮑屋は、小田原にかけた想いを受け継いだ直売店ブランド「魚商 小田原六左衛門」をミナカ小田原に2020年にOPENいたしました。そして、今回は神奈川県内で初の珍味専用自動販売機の発売を小田原漁港で開始いたします。提供する珍味は「魚商 小田原六左衛門」の珍味ブランド“合戦づまみ”の多種な珍味を24時間購入することが出来ます。

小田原合戦づまみ自販機_1

小田原合戦づまみ自販機_2

小田原合戦づまみ商品ページ

https://odawara-rokuzaemon.com/?mode=grp&gid=2496997

■創業430余年の老舗魚商“鮑屋”の直売ブランド「魚商 小田原六左衛門」がはじめる珍味専用自販機とは

魚商 小田原六左衛門は、魚の卸をして430余年、長年の美味しい魚の目利きや魚の仕入れを活かして、美味しい魚をより多くの方に届けるためにスタートした直売ブランドです。

その中でも、お口の中で強い食感と濃い風味を味わうことをコンセプトにした珍味ブランドが“小田原合戦づまみ”です。早川漁港は、美味しい魚介を堪能できるお店が林立しております。小田原グルメをお楽しみ頂き、お土産として、また電車・お車でのおつまみとして、お気軽に合戦づまみをお買い求め頂き、お楽しみ頂きたい想いから、今回自動販売機による販売をスタート致しました。

ラインナップ

パッケージイメージ

イメージ

■珍味専用自動販売機の7つの特徴

1.創業430余年の老舗“鮑屋”が運営

2.小田原の早川漁港のなかで提供

3.熟練の製造スタッフのもと、美味しい魚食品づくりを行う

4.小田原の名物土産を目指して“合戦づまみ”を発売

5.神奈川県初の珍味専用自動販売機を提供!

6.24時間いつでも発売が可能な非接触販売!!

7.手土産にもしやすいこだわったパッケージ・ネーミング

■今後の展開

今後、新型コロナウイルスの影響もあり、非対面・非接触の販売方法として、魚の加工品を自動販売機で販売する方法を県内だけでなく、日本全国に広めていけるように展開を検討しています。また、珍味だけに特化した自動販売機だけでなく、他の素材に特化した自動販売機なども検討しています。

■設置場所

所在地:〒250-0021 神奈川県小田原市早川1-6-11

■会社概要

商号           : 株式会社エンイート

本社所在地        : 〒250-0021 神奈川県小田原市早川1丁目4-10

代表者          : 代表取締役 市川 将史

ホームページ       : https://odawara-rokuzaemon.com/

小田原合戦づまみ購入ページ: https://odawara-rokuzaemon.com/?mode=grp&gid=2496997

Comments Are Closed!!!