フィットビットがシンガポールの国民健康プロジェクトで健康促進局と協力

フィットビットがシンガポールの国民健康プロジェクトで健康促進局と協力

8月 26, 19
PRTIMES

no comments
2019年8月21日 シンガポール – フィットビット(https://www.fitbit.com/home )(NYSE: FIT)は今日、シンガポールのスマート・ネーション構想に沿った国民健康プロジェクトで、シンガポールの健康促進局(Health Promotion Board、HPB)と協力することを発表しました。 HPBは、国民の健康を向上させる政策やプログラムを実行するシンガポールの政府機関です。 フィットビットのデジタルヘルスプラットフォームとウェアラブルが国家の健康増進プログラムに導入されるのは、今回が世界初となります。 Live Healthy SGと呼ばれるこのイニシアティブは、フィットビットが技術、行動洞察、そしてアナリティクスを使用し、シンガポールの人々が生活習慣を変えることでより健康になるように、シンガポールのために設計したものです。 Live Healthy SGは、フィットビットデバイスと、この秋一部のマーケットで消費者向けに開始されるプレミアムサービスを通じて、全ての年齢、全ての健康状態の人に向けて展開されます。

Live Healthy SGは、シンガポールのスマート・ネーション構想を基盤にし、ヘルスケアを含む社会の主なセクターを、革新的な技術で変革します。 最も健康な国家の一つ[1]であるシンガポールの効率的なヘルスケアシステムは世界でも知られています。これには、質の高いヘルスサービス、ワールドクラスのインフラストラクチャー、そして、優秀なヘルスケア人材が含まれます。しかし、他の多くの国と同様、シンガポールでも、高血圧、2型糖尿病、ガンなどの慢性疾患が増えています。 今回の協力関係は、フィットビットが競合各社の中から選ばれ、各種の比較評価の後に実現したものです。このイニシアティブでは、フィットビットの、生活習慣の向上と健康の促進を実現するテクノロジーを使って、国家の健康を向上させるという、新しい挑戦に挑むことになります。

HPB CEOのZee Yoong Kang氏は、「Population health(集団の健康)という分野は、イノベーションをもたらす機会のある分野です。 HPBは近年、より多くの新技術や行動洞察を取り入れて各種プログラムを作成しています。National Steps Challengeがその一例です。これは、シンガポールの国民が活発であり続け、健康的な生活態度を取り入れ、習慣を変えるための全国プログラムです。 HPBはシンガポールの人々が活発であり続け、健康的に生活し、行動パターンを変えていくことをサポートするために、このような国家プログラムを推進しています。 同時に、フィットビットのような業界イノベーターと協力し、シンガポールの国民が、自身の健康を管理するために、パーソナライズした健康アドバイスや行動の後押しを提供するテクノロジーを利用できるようにします。 プログラム参加者は、身体運動、健康的な食生活、そして質の高い睡眠を推進するために、AIと機械学習を導入するフィットビットを利用できるようになります。 収集された洞察は、HPBの健康増進プログラムをより豊かなものにするためにも役立ちます。」と、述べます。

Live Healthy SGは、フィットビットのウェアラブルデバイス、ソフトウェア、そして、新しいプレミアムサービスを通じて提供されるプログラム、ガイダンス、そして個別の一対一のヘルスコーチングを含むサービスのすべてを活用します。 参加者はダイナミックでパーソナライズされたエクスペリエンスを得ることができるため、より健康的な習慣を身に着け、身体運動、睡眠、栄養、そして精神的な幸福のすべての面で良い結果をのもたらすことができます。

フィットビット CEOのJames Park氏は、「フィットビットは常に楽しく、シンプルで、革新的なテクノロジーを提供することで、健康をより身近に実現できるようにすることに尽力してきました。これにより、今では世界中で何百万人もの人が、良い結果を出しています」と言います。 「シンガポール健康促進局との協力関係は、これまでのフィットビットの成果が認められたことを示し、当社のデバイス、ソフトウェア、そしてサービスの強力なコンビネーションが、シンガポールの人々に、健康を向上させたいというモチベーションを与え、同時に、国家全体の健康の改善を明白にするであろうと、自信を持って言うことができます。 シンガポールの指導者層を推賞し、他の国々も、国民の健康を向上させるために、シンガポールと同じような方針を導入することを期待しています。」

この協力関係でHPBは、プログラムへの参加を促すために、HPBが持つチャンネルを使用してフィットビットをサポートします。 参加者がフィットビットプログラムに加入すると、ユーザーは、明確でシームレスな同意プロセスを通じて、提供したデータをHPBと共有するか否かを決定することができます。 提供されたデータは、洞察を提供し、多くのシンガポール人に役立つ健康プログラムを、より効果的に推進させることに使用されます。

シンガポール国民は、9月中旬よりLive Healthy SGに事前登録できるようになり、プログラムは、2019年10月下旬に正式に開始します。フィットビットプレミアムサービスに加入し、一年間の利用を確約した参加者には、無料でフィットビット Inspire HRがプレゼントされます。 このプログラムは、各個人のライフスタイルにポジティブな変化を促すだけではなく、将来の健康プログラムの設計に役立つ詳しい洞察を提供する資料となります。 こうすることで、HPBは、正確な公衆衛生政策を探求し、必要な介入を必要なタイミングで必要とする人に提供することができるようになります。

フィットビット・インク (NYSE: FIT) について
フィットビットは、フィットネスウェアラブルデバイス分野のリーダーとして、人々が目標に到達できるようにデータ、インスピレーション、ガイダンスを提供し、より健康でアクティブな生活の実現をサポートしています。フィットビットは、日常の健康とフィットネスを管理する製品および体験をデザインしています。フィットビットの革新的な人気製品の多様なラインアップには、Fitbit Charge 3、 Fitbit Inspire HR、Fitbit Inspire、Fitbit Ace 2アクティビティトラッカー、 Fitbit Ionic、 Fitbit Versa スマートウォッチ、 Fitbit Flyer ワイヤレスヘッドフォン、そして、Fitbit Aria 2 Wi-Fi スマート体重計があります。 フィットビット製品は、世界中87か国、39,000店の小売店で販売されています。 世界最大規模のヘルス&フィットネスソーシャルネットワークと健康と体力づくりのデータベースにつながるフィットビットは、パーソナライズしたエクスペリエンス、インサイト、ガイダンスを、FitbitアプリやFitbit Coach、スマートウォッチ向けFitbit OSを含む、 先進ソフトウェアとインタラクティブツールでお届けします。 Fitbit ヘルスソリューションは、健康づくりへの参加、健康状態の向上、そして、雇用者、健康保険制度やシステムへ、ポジティブリターンをもたらす、健康とウェルネスソリューションを開発しています。

FitbitとFitbitのロゴは米国とその他の国において、Fitbit, Inc.の商標、または登録商標です。

その他のFitbitの商標については、www.fitbit.com/legal/trademark-list をご参照ください。 サードパーティ商標はそれぞれ所有者の所有物です。

Facebook (https://www.facebook.com/fitbitjapan/)
Instagram (https://www.instagram.com/fitbitjp/
Twitter (https://twitter.com/fitbit_jp)でつながり、フィットビットの体験を共有してください。

将来性の業績に関する見通し

本プレスリリースには、1995年私募証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)の免責条項で定められた将来の業績に関する見通しが含まれています。これには、Live Healthy SGとフィットビット Premiumの将来の可用性、将来のLive Healthy SG参加者、また、弊社が、Live Healthy SG参加者またはフィットビットユーザーの健康の管理・向上を手助けすることができるかの可能性、などについての記述の含むリスクや不確実性が含まれます。 将来の業績に関する見通しは、単なる予測であり、大手テクノロジー企業との競合など、弊社が事業展開している競争の激しい市場の影響や、新製品やサービスの開発と導入、または、既存製品やサービスの強化失敗、製造物責任問題、セキュリティ違反、その他の欠陥、あるいは米国証券取引委員会に提出したForm 10-Kに記載された最新報告書において「リスク要因」に挙げているその他の要因など、実際の結果と大きく異なる場合があります。 本書に記載されたすべての将来の業績に関する見通しは、作成時点で提供された情報に基づいており、弊社は新たな情報または将来的な事象に伴い見通しを変更する義務は負いません。

[1]最も健康な国の指標、 Bloomberg社、 2017年と2019年版。

 

Comments Are Closed!!!