大垣市、大垣市教育委員会、NTT Com、WEBQU教育サポートによる「先端技術を活用した教育・学習環境の充実に向けた連携協力に関する協定」の締結について

大垣市、大垣市教育委員会、NTT Com、WEBQU教育サポートによる「先端技術を活用した教育・学習環境の充実に向けた連携協力に関する協定」の締結について

10月 28, 20
@Press

no comments

~ワークスタイルの多様性に適した働く場所の提供拡大に向けて~

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下NTT Com)と株式会社WEBQU教育サポート(以下 WEBQU教育サポート)は、岐阜県大垣市、大垣市教育委員会と「先端技術を活用した教育・学習環境の充実に向けた連携協力に関する協定」(以下 本協定)を2020年10月28日に締結しました。

 本協定は、ICT(情報通信技術)などの先端技術の活用により、大垣市の小学校および中学校におけるいじめの早期発見・対応並びに不登校の未然防止に取り組み、教育・学習環境の充実を図る事を目的としています。本協定に基づき、NTT Comはクラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」※1を、WEBQU教育サポートは学級経営サポートシステム「WEBQU」※2を提供します。

 なお「まなびポケット」と「WEBQU」の提供に関して、NTT ComとWEBQU教育サポートが地方自治体と連携協定を締結するのは、全国初の取り組みとなります。

1.背景および本協定の概要

 大垣市は、児童生徒1人1台のタブレット端末を整備する「大垣市版GIGAスクール構想」を策定し、2021年1月には市内の全小中学校への導入完了する計画です。このタブレット端末において、「まなびポケット」上で動作する「WEBQU」を活用することで小中学校の児童生徒(小学校4年生~中学校2年生)におけるいじめの早期発見・早期対応、並びに不登校の未然防止に取組みます。

 これまで大垣市では、紙の心理アンケートによって児童生徒の状態を把握してきましたが、結果確認まで数カ月かかるという課題がありました。Webで使える「WEBQU」を導入することで、アンケート結果に加え、学級状況に応じた助言を含むサポート情報をタイムリーに教育現場にフィードバックすることが可能となります。

2.今後の展開

 本協定に基づき4者は、「まなびポケット」および「WEBQU」を活用し、学級経営サポートの効果を検証します。また、NTT ComとWEBQU教育サポートは、全国の教育機関への豊富な導入実績で培ったノウハウを積極的に提供していくことで、大垣市における教育・学習環境の充実に貢献します。

※1:「まなびポケット」は、NTT Comが提供するクラウド型教育プラットフォームです。ブラウザでどこからでもアクセスできるクラウド上において、提携するさまざまなサービス(授業支援システム、学習コンテンツ、授業記録システムなど)を提供します。既に260以上の自治体・2,000校以上の学校・80万人以上の児童生徒・教職員の方々にご利用いただいています。https://manabipocket.ed-cl.com

※2:「WEBQU」は、これまでの紙媒体のQ-U(学級集団をアセスメントし適切な生徒指導への支援を行うための補助ツール)から、さらに学習面への指導にも対応しており、「まなびポケット」においてクラウド型サービスとして提供しているサービスです。児童生徒の学級満足度などをアンケート実施後即時に把握でき、“今日” 感じた違和感や子どもたちの困り感のヒントを可視化することで、すぐに知りたい「いじめ」「不登校」の未然予防に加え、より良い「学習集団へのアプローチ」をサポートいたします。https://manabipocket.ed-cl.com/feature/webqu/

Comments Are Closed!!!