【恵安】赤外線非接触温度計「KM-IRTH」を8月下旬、3D立体デザインマスク「KNMASKWH5」を8月4日(火)より販売開始

【恵安】赤外線非接触温度計「KM-IRTH」を8月下旬、3D立体デザインマスク「KNMASKWH5」を8月4日(火)より販売開始

8月 03, 20
@Press

no comments

PC・タブレット周辺機器販売の恵安株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:黄 安信)は、赤外線非接触温度計「KM-IRTH」を8月下旬、3D立体デザインマスク「KNMASKWH5」を8月4日(火)より全国販売店及び恵安直営ショップ「KEIAN DIRECT」にて発売いたします。

赤外線非接触温度計「KM-IRTH」

3D立体デザインマスク「KNMASKWH5」

赤外線非接触温度計「KM-IRTH」は、片手で操作可能な赤外線非接触温度計です。非接触測定であるため、衛生的かつ簡単に温度測定を行うことができます。物体の表面温度や室温計測する「オブジェクトモード」、粉ミルクや離乳食など人肌程度の温度計測に適した、「ボディーモード」の2つのモードが搭載されており、食品、粉ミルク、室温、水温、床、カベ等、様々な温度が測定できます。

3D立体デザインマスク「KNMASKWH5」は、KN95規格検査済みで、0.3μm(=0.0003mm)の微粒子をカット可能な5層構造を採用し、高機能かつ高耐久です。花粉やハウスダストはもちろん、ウイルス・細菌の飛沫やPM2.5などの微粒子をブロックします。

■「KM-IRTH」の主な特長

【非接触かつ素早い測定】

対象物に触れる事なく、約1秒で測温可能です。

【2つのモードで様々な温度を測定可能】

物体の表面温度や室温計測する「オブジェクトモード」、粉ミルクや離乳食など人肌程度の温度計測に適した、「ボディーモード」の2つのモードが搭載されており、食品、粉ミルク、室温、水温、床、カベ等、様々な温度が測定できます。

【自動メモリー機能搭載】

計測結果を保存することができる自動メモリー機能搭載。最新の測定結果32回分を記録可能です。

【見やすいバックライト搭載大型液晶ディスプレイ】

測定結果により3色(赤、黄、緑)のバックライトを表示します。

【自動電源オフ機能】

使わないと自動で電源がオフになる自動電源オフ機能搭載。

【0.1単位での計測が可能】

摂氏と華氏表示ともに0.1単位での計測が可能。

「KM-IRTH」商品紹介ページ: http://www.keian.co.jp/products/km-irth/

■「KNMASKWH5」の主な特長

【口元にフィットする3D立体デザイン】

フェイスフィッティングがよく、快適な呼吸スペースが確保できる3D立体デザインを採用しています。

【5層構造フィルター】

0.3μm(=0.0003mm)の微粒子をカット可能な超細密5層構造を採用し、高機能かつ高耐久です。花粉やハウスダストはもちろん、ウイルス・細菌の飛沫やPM2.5などの微粒子をブロックします。

【衛生的な使い捨てタイプ】

手軽で衛生的な使い捨てタイプです。大人用ふつうサイズで1枚1枚個装されたマスクが5枚入り。

「KNMASKWH5」商品紹介ページ: http://www.keian.co.jp/products/knmaskwh5/

恵安直営ショップ「KEIAN DIRECT」: http://shop.keian.co.jp/

KEIAN DIRECT 楽天市場店     : https://www.rakuten.ne.jp/gold/keiandirect/

KEIAN DIRECT Yahoo!店      : https://shopping.geocities.jp/keian/

【赤外線非接触温度計「KM-IRTH」】

型番   : KM-IRTH

売価   : オープン

商品ページ: http://www.keian.co.jp/products/km-irth/

【3D立体デザインマスク「KNMASKWH5」】

型番   : KNMASKWH5(ふつうサイズ 5枚入り)

売価   : オープン

商品ページ: http://www.keian.co.jp/products/knmaskwh5/

【会社概要】

会社名  : 恵安株式会社

本社所在地: 〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-18-7

代表者  : 代表取締役 黄 安信

設立   : 1991年12月6日(平成3年)

資本金  : 9,900万円

年商   : 12.5億円(令和元年6月期)

従業員数 : 35名(令和元年6月現在)

事業内容 : コンピューター周辺機器卸販売、家電商品販売、電子部品販売

       システム開発、設備輸出・輸入・ソフト開発

*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。

Comments Are Closed!!!