図研プリサイト、原価企画を3Dで支援する新製品を発表 設計部門向け原価見積パッケージシステム「Design BOM」販売開始

図研プリサイト、原価企画を3Dで支援する新製品を発表 設計部門向け原価見積パッケージシステム「Design BOM」販売開始

5月 11, 20
@Press

no comments

株式会社図研プリサイト(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:尾関 将、以下 図研プリサイト)は、製造業の設計部門を対象とした原価見積パッケージシステム「Design BOM(デザインボム)」を開発し、2020年5月11日から販売を開始しました。

製品ロゴ

Design BOMは、設計成果物の一つである3D CADデータを使って、製品原価の見積計算が行える新発想の原価見積システムです。部品原価の集計はもちろん、3D情報の活用により、手間なく、高精度な原価の比較見積を実現し、使い続けるほど設計段階で正確な原価見積が行えるようになるのが最大の特長です。

主な機能の概要は次の通りです。

● 3D CADデータから、原価見積計算シートを作成

3D CADで作成したアセンブリ構成から、原価見積の土台となる計算シートを作成します。計算シートの作成は、CADデータから変換したXVL(*1)を取り込むだけで完了です。あとは、各部品に原価見積値を入力するだけで、すぐに原価見積計算を開始できます。

CADデータから原価見積計算シートを作成

● 類似部品検索で、比較見積の精度を向上

3D形状をキーとした「類似部品検索」機能により、新規部品の形状から、製造・調達実績のある類似部品を検索できます。類似部品の原価を見積値として採用することで、比較見積の標準化と精度向上を実現します。

類似部品検索で比較見積精度を向上

● 目標原価の達成度をグラフ化して、原価企画を支援

原価見積の計算結果は、XLS形式で製品マスタに関連付けて保存できます。デザインレビューや出図など、設計フェーズごとの計算結果を保存しておけば、製品原価の推移、および目標原価の到達状況のグラフをXLS形式で出力できます。

目標原価の達成度をグラフ化

料金は定額制で、初期費用なしの月額20万円です。

その他、ライセンス形態や動作環境など、詳細は下記URLのページにてご確認ください。

詳細はこちら: https://www.presight.co.jp/product/designBom.php

*1 ラティス・テクノロジー株式会社が開発した超軽量3Dフォーマットです。

■ 図研プリサイトについて

図研プリサイトは、PLMシステム「Visual BOM」、ナレッジマネジメントシステム「Knowledge Explorer」の開発、販売を中心に、製造業のお客様のモノづくりを支援するITソリューション企業です。今後も、新しい技術を積極的に取り込み、様々な企業内の情報利活用に貢献できるIT製品やサービスを提供してまいります。

図研プリサイト コーポレートサイト: https://www.presight.co.jp/

*本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。