AR技術とAIチャットを用いた次世代の顧客体験を提供するUnsceneが、East Ventures及び個人投資家からプレシードラウンドの資金調達を実施

AR技術とAIチャットを用いた次世代の顧客体験を提供するUnsceneが、East Ventures及び個人投資家からプレシードラウンドの資金調達を実施

4月 07, 20
PRTIMES
no comments
AR技術とAIチャットを用いたコミュニケーションツール「Unscene Support(アンシーンサポート)」を開発する株式会社Unscene(所在地:東京都品川区、代表取締役:ビジャヤン・スワティナト)はこの度、East Ventures、個人投資家を引受先とした資金調達を行ったことをお知らせ致します。今回の調達により、更に強固な開発体制の構築を行って参ります。
  • 提供プロダクト”Unscene Support”について

“Unscene Support”は、業界初の家電や家具などの有形商品に特化した、顧客の問題解決の「スピード」にこだわったカスタマーサポートプラットフォームです。

https://www.unscene.app/

QRコードスキャン
製品のQRコードをスキャンするだけですぐに問合せがスタート。煩わしい型番入力や検索は不要です。
なお、段階的に物体認識技術を取り入れ、QRコード不要のサービスを提供する予定です。

AIチャットボット
自動対応するAIチャットボットが24時間365日対応し、お客様を待たせません。

ARガイド
目の前の製品上にARを使った3Dビジュアルを表示して操作説明を行います。取扱説明書よりも直感的でより理解しやすくします。

ライブビデオサポート
顧客による自己解決が難しい場合は、ビデオ通話を使ってオペレーターが製品の問題点を確認しながら操作指示を出すことが可能です。口頭による煩わしい確認作業を減らすことができます。

上記”Unscene Support”に加え、実店舗を持つ量販店等向けに、訪問客に自動で接客を展開し訪日外国人客への多言語対応や、接客人材不足への解決策、今まで取得が困難だったユーザーの店舗内の行動データの取得チャネルとして有効なソリューション(”Unscene Retail”)を開発中です。
 

  • 株式会社Unsceneについて

https://www.unscene.app/corporate-jp

 

株式会社Unsceneは “Delightful Customer Experience Anywhere and Everywhere” をビジョンとし、デジタル情報へのスムーズなアクセスと、ユーザー環境を理解したソフトウェアとのインタラクションを基盤とし、家電や家具など有形商品に関する顧客体験を高度化します。

既に、ECサイトでの買い物やオンラインサービスのカスタマーサポートは、”UX”という観点からユーザーの行動データを活用しながら進化してきました。一方で、有形商品や店舗に関連するオフラインのユーザー体験はデジタル化が難しく改善の余地が大きい領域です。

Unsceneは、スマートグラスなどのハードウェア、AI・ARなどの要素技術の近い進化を見据え、それらを活用したソリューションの原型づくりを行って参ります。そして、リアル空間とデジタル情報がシームレスに繋がった次世代の顧客体験を作ることがUnsceneのミッションです。

 

社名:株式会社Unscene
代表取締役:ビジャヤン・スワティナト
本社:東京都品川区東五反田2-8-5 5F

【East Venturesについて】

East Venturesは、国内外で数百社以上のベンチャー企業に投資しているベンチャーキャピタル。国内ではメルカリ、ツイキャス、Gunosy、gumi、dely、BASEなど、数多くの日本を代表するインターネットサービスに出資活動を通して応援していると共に、海外(主にアジア・米国)のネットサービスへも積極的に投資を行っています。

 

社名:East Ventures株式会社
本社:東京都港区六本木4-2-45高會堂ビル2階
URL:http://east.vc/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Unscene 広報担当 江澤(えざわ)
E-mail:satoshi@unscene.app

 

Comments Are Closed!!!