ピカリング エレクトロニクス、コムクラフトと日本での代理店契約を締結

ピカリング エレクトロニクス、コムクラフトと日本での代理店契約を締結

1月 08, 20
PRTIMES

no comments
リードリレーの小型化と高い性能で、パイオニアとして50年超にわたり業界をリードしているピカリング エレクトロニクス(本社:英国、クラクトン・オン・シー)は、株式会社コムクラフト(本社:東京都杉並区)と日本での代理店契約を締結したと発表しました。これにより、ATE(自動試験装置)、航空宇宙、車載、半導体製造やその他のハイレル(高信頼性)製品業界のお客様にとって、ピカリング エレクトロニクスの1,000種類を超える豊富な高品質リードリレー製品へのアクセスが大幅に向上します。
コムクラフトは代理店として、パッケージ・サイズが4mm角と業界最小の4mm2™(フォーミリスクエアー)製品ファミリ(https://www.pickeringrelay.com/reed-relays/ultra-high-density/)などのピカリングの革新的なリードリレー製品の販売を行います。この4mm2™ファミリの中で、120シリーズ製品(https://www.pickeringrelay.com/reed-relays/ultra-high-density/series-120-4mm/)はスイッチ定格が最大1A/20Wで高さ15.5mm、122シリーズ製品(https://www.pickeringrelay.com/reed-relays/ultra-high-density/series-122-4mm/)は高さ12.5mmでスイッチング電流定格が0.5A/10W、124シリーズ製品(https://www.pickeringrelay.com/reed-relays/ultra-high-density/series-124-4mm/)は高さが業界最小の9.5mmで定格が0.5A/5Wです。

ピカリングは複雑で技術的課題の大きいアプリケーションの問題を解決するソリューションとして、フレキシブルな製造プロセスにより、カスタム設計リードリレーも提供しています。一般的なリレーのカスタム化では標準部品のマイナーな変更が行われ、例えば試験仕様やピン構成が変更されています。一方、他のカスタム・リードリレーについては特定の要件を満たすように設計された完全な専用品となっています。

ピカリング エレクトロニクスのCEOのキース・ムーアは「コムクラフトは1976年以来、日本市場で航空宇宙、半導体製品、試験/計測などの主要分野に革新的な製品を提供することによってビジネスを構築しており、同社が日本で私たちのパートナーになることは当然の帰結でした。コムクラフトは高度な技術を持つプロフェッショナル・スタッフを多数擁しており、包括的な技術情報やサポートも提供しています」と述べました。

コムクラフトの市坪 大介代表取締役は「ピカリングはリレーの高密度実装を実現するためのスクリーニングや、進行中の小型化プログラムなどの製品の技術革新で頻繁に実績を挙げており、リレー技術のリーダー企業として高い評価を受けています。今回の新たな契約締結によって、ATEなどの特定の分野に問題をもたらす可能性のある製品不足の問題を軽減することも可能になります」と語りました。

ピカリング エレクトロニクスについて
ピカリング エレクトロニクスは50年以上前に、主として計装/試験装置向けの高品質リードリレーの設計と製造のために設立されました。現在、ピカリングのシングルインライン(SIL/SIP)製品はデバイス・サイズが多くの競合製品の25%と小さく、リレー業界で極めて高い先進性を実現しています。この小型SIL/SIPリードリレーは世界の大手ATE/半導体企業向けに大量に販売されています。

ピカリング エレクトロニクスは同社のほか、モジュラー型シグナル・スイッチング/シミュレーション製品の設計と製造を行うピカリング インターフェース、ケーブルとコネクタの設計と製造を行うピカリング コネクトの電子機器メーカー3社で構成される非公開企業ピカリング・グループの1社です。

Comments Are Closed!!!