「Qoobo」のこども⁉好奇心旺盛な小さなしっぽロボット「Petit Qoobo(プチ・クーボ)」、1/7開幕の「CES2020」で初公開!

「Qoobo」のこども⁉好奇心旺盛な小さなしっぽロボット「Petit Qoobo(プチ・クーボ)」、1/7開幕の「CES2020」で初公開!

1月 06, 20
PRTIMES

no comments
「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、数多くのロボットやIoTプロダクトを企画・開発するユカイ工学株式会社(本社:東京都新宿区、代表:青木 俊介)は、2020年1月7日(火)〜10日(金)までアメリカ・ネバタ州ラスベガスで開催される「CES2020」に出展いたします。しっぽがついたクッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」の開発中の新しい仲間「 Petit Qoobo(プチ・クーボ)」を初公開いたします。その他、パーソナライズ機能が進化したコミュニケーションロボット「BOCCO emo(ボッコ エモ)」や「ユカイな生きものロボットキット」などを展示いたします。

 

 

Petit Qoobo(プチ・クーボ)について

Petit Qooboは、Qooboのひと回り小さいサイズのしっぽロボットです。ただ小さいだけでなく、小動物ぽさをより感じられるような機能も加えています。周囲の音や声に反応して尻尾を振ったり、驚いたり。寝ているときにはかすかに寝息を感じられたり。こうしたセンシングや表現を加えることで、どこか幼くて元気な小動物感のあるロボットへと進化しました。いつでも連れて歩けるPetit Qooboは、短いしっぽを一生懸命に辿々しく動かし、日常や人の心に癒しを届けます。

Petit Qoobo の特徴

  • 外に連れ出せる小さなサイズ
  • 音や声にしっぽが反応
  • 呼吸感を感じる振動

「Petit Qoobo」開発ストーリー
Qooboは元々、「疲れて家に帰った時、癒やしの存在が家にいてくれたら…」というユカイ工学のデザイナーの想いをきっかけに、犬や猫のように癒やしを与えてくれるロボットをつくろうと、動物の「しっぽ」に着目し、プロジェクトがスタート。膝に乗せたり抱き上げたりするときにちょうどいい重さ・サイズ感や撫でた時の気持ちのいい手触りにこだわりました。実際のしっぽを研究し、その動きを再現する機構やプログラムの開発を行いました。

Petit Qooboは、Qooboユーザーの「ちっちゃいQooboがいたら、いつでもどこでも一緒にいたい」という声をきっかけに、“連れて歩きやすいサイズ感”を目指して開発をスタートしました。そして、サイズ以外に着目したのは、膝にペットが乗っているときに肌を通して感じる、なんとも言えない幸せ感。そのとき肌が感じる根本的な触覚は、「ペットの心拍や呼吸に伴い体内の気流が生み出す振動なのではないか」という仮説をもとに試行錯誤し、振動アクチュエータによる呼吸・心拍の表現を搭載しました。実はこの呼吸感はQooboの発案当初からアイデアとしてあったものの、動物でいう呼吸時における肺の膨張収縮による表現では、本体構造が複雑になってしまうということで一度は棄却されたもの。このテーマに今回Petit Qooboで改めて取り組みました。
 

   ▼Petit Qooboの紹介動画はこちら       

 

今後のスケジュール

  • 「Petit Qoobo」のクラウドファンディング@CAMPFIRE(キャンプファイヤー)を近日開始いたします!最新情報はWEB等で随時公開します。公式サイトのメールマガジンをご登録ください。
  • 「Petit Qoobo」は2020年11月の発売を目指し、開発中です。
    ※開発中のため、仕様や機能は予告なく変更となる場合がございます。

 
最新情報はWebサイトでお知らせします:
https://qoobo.info/
 

<「Petit Qoobo」基本情報>
製品名:「Petit Qoobo」(プチ・クーボ)
サイズ:本体 幅22cm×体長32cm×高さ15cm
重 量:本体 500g
稼働時間:8時間
充電器:ACアダプタ 5V 1A
充電時間:8時間
販売価格:未定
発売時期:2020年11月予定

▼Petit Qooboのプレスキットはこちら
https://drive.google.com/open?id=1P1L_7d5DLMMh2l2SVEoGsho-2vDMXPzZ

Qooboについて

Qooboは、しっぽのついたクッション型セラピーロボットです。撫で方によって尻尾の振り方が変わるQooboは、ペットを飼いたくても飼えない人や、日々の生活の中で癒しを求める人に向けて、ユカイ工学独自のロボティクス技術を活かして開発しました。2017年10月の発表後、国内外のメディアやインターネット上で話題となり、2018年11月にハスキーグレーとフレンチブラウンの2色を発売。2019年11月にはファンの声を活かした新色「シルキーブラック」を販売。発売から一年で累計約1.5万匹販売。ストレス減少効果や高齢者を対象とした実証実験でポジティブ効果が認められるなど、幅広い層に心理的な癒しを届け、アニマルセラピー的効果も期待されます。

Qooboの新しいMovieを公開!

新しいQooboのMovieが完成しました!3色のQooboを連れて、NYで3日間かけて撮影を行いました。「こういう時、Qooboがいるといいな」という思いを詰め込んでいます。

「一人暮らしを始めた私に、母がくれたのがQooboだった」
初めての暮らしに不安な女の子。そんな中、出会う人々からたくさんのQooboと一緒に受け取るのは・・・?

▼動画はこちら

 

<CES2020 展示内容、ほか>

コミュニケーションロボット「BOCCO emo」

コミュニケーションロボット「BOCCO emo」コミュニケーションロボット「BOCCO emo」

「共感」をきっかけに、パーソナライズしていく機能を搭載。心地よい距離感で、長く共同生活を送れるロボット開発を目指しています。また、シーマン人工知能研究所が育成シミュレーションゲーム「シーマン」で培ったアルゴリズムを搭載し、人との共同生活を送る中でBOCCO emo自体が育成され、成長していきます。エモい(エモーショナルな)インタラクションを多数搭載予定。(2020年中リリース予定)

BOCCO emoの詳しい情報はこちら:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000099.000015618.html
BOCCO emo:https://www.bocco.me/bocco-emo/

自由な発想を引き出す「ユカイな生きものロボットキット」

ユカイな生きものロボットキットユカイな生きものロボットキット

“ユニークな生きもの”が作れるロボットキットで、モーターやスイッチ、結束バンドなどを使い、自由な発想と創造力で自分だけのオリジナルロボットを作ることができます。2020年3月に初開催される小学生ロボコンの予選向けロボットキットとして開発。

ユカイな生きものロボットキット:https://robotkit.ux-xu.com/
アメリカ版Amazonでも1/7より販売開始▶︎https://www.amazon.com/gp/product/B07YC71JYZ/

<出展情報>

CES®2020

会 期:2020年1月7日(火)~ 10日(金)
開催地:アメリカ・ネバタ州ラスベガス
ブース:Tech West ,Sands Expo, Level2,Halls A-D#44074
WEB:https://www.ces.tech/

ユカイ工学株式会社について
ユカイ工学は、「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャーです。自社製品の製造、販売ノウハウを元に、ロボットやIoT製品のコンセプトデザイン、試作、量産、販路開拓までを一気通貫でサポートしています。

主な製品に、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」や脳波で動く「necomimi」、フィジカル・コンピューティング・ツールキット「konashi3.0」、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」、音声コミュニケーション開発キット「codama」などがあります。また、より身近に人に寄り添う“究極にエモい”(エモーショナルな)ロボットへ進化する「BOCCO emo」は2020年のサービス開始を目指し、開発を進めております。

企業情報
ユカイ工学株式会社(Yukai Engineering Inc.)/代表取締役:青木俊介
本社:東京都新宿区富久町16-11武蔵屋スカイビル101/TEL:03-6380-4710/URL:www.ux-xu.com
 

Comments Are Closed!!!