大人気の電気圧力鍋 「クックフォーミー エクスプレス」

大人気の電気圧力鍋 「クックフォーミー エクスプレス」

8月 07, 19
PRTIMES

no comments
 株式会社グループセブ ジャパン(本社:東京都港区/代表取締役社長:アンドリュー・ブバラ)は、2019年9月、電気圧力鍋「クックフォーミー エクスプレス」をリニューアル発売します。
 食材を入れてボタンを押すだけで美味しい料理ができる自動調理鍋の市場は、「クックフォーミー」が発売された2016年頃から拡大を始め、2018年は前年比+62%(※1)と継続して拡大を続けています。
 液晶画面で料理の手順をナビしてくれる「クックフォーミー」は、使用者の製品満足度が91%(※2)と非常に高く、満足している機能としては、「圧力調理で時短ができる」「1台で4つの調理ができる」「圧力調整を自動でおこなってくれて安心」と高い評価を得ています。
 新しい「クックフォーミー エクスプレス」は、操作方法など「クックフォーミー」の使いやすさはそのままに、内蔵レシピが210レシピとさらに豊富になりました。今回追加された60レシピのうち、56レシピは春夏秋冬の季節ごとに1週間分のレシピが(毎日、主菜1品、副菜1品の計2品分/2品×7日間×4シーズンで計56レシピ)内蔵され、毎日の献立に悩んだときの強い味方になります。さらに、無水調理レシピを追加しました。
 本体カラーも新しくなり、液晶画面の周囲の色がシャンパンゴールドに、またロゴの色もグレーに変わり、おしゃれなキッチンにピッタリな上品でスタイリッシュなモデルです。

※1 2017年1月~2018年12月 自社調べ。
※2 2017年11月~2019年5月購入者アンケートより。N=6,150人

Cook4me Expressの特長 ①
210レシピ& 季節ごと1週間分のレシピ内蔵!

■前菜、メインディッシュからデザートまで、内蔵レシピは210種類にアップ!
■春夏秋冬ごとに1週間分のレシピを1日2品提案(計56レシピ)。
例)春の1週間レシピ(月:親子煮、和風ピクルス/火:さわらのバタぽん蒸し、切り干し大根の煮物/水:スペアリブのマーマレード煮、マカロニサラダ/木:えびと豚の蒸し餃子、トマトのかきたま汁/金:チキンジンジャー、巣篭もりキャベツ/土:たこと枝豆のおこわ、ごろごろ野菜の根菜汁/日:豚肉のフォー、生春巻き)

■無水調理の4レシピを追加。
左から)魚介のガーリック風、ベジタブルカレー、ビーフシチュー、牛すじこんにゃく煮

Cook4me Expressの特長 ②
レシピ選びから調理まで液晶画面のナビ通りにボタンを押すだけ!

レシピ選びから調理の手順まで、液晶画面でナビゲート。
ボタンひとつの簡単操作で、どなたでも美味しく料理が仕上がります!

Cook4me Expressの特長 ③
圧力調理で調理時間を短縮! 時短レシピは187種類!

内蔵レシピ210種類のうち、加圧時間15分以内の時短レシピが187種類あり、毎日の調理時間を大幅に短縮できます。
※加圧時間は食材を切るなどの準備時間と予熱時間は含みません。

Cook4me Expressの特長 ④
1台7役! マニュアル操作でオリジナル料理も無限大!

■圧力調理
■炒める
■煮込む
■蒸す
■炊飯
■保温機能(63℃、最大5時間)
■再加熱機能(70℃、最大3時間)
※保温機能、加熱機能の時間設定はできません。

Cook4me Expressの特長 ⑤
使いやすさにこだわった多彩な機能を搭載!

■ 6人分が一度に作れる6Lの大容量!
にぎやかなファミリーや、常備菜などたくさん作り置きしたい料理に便利です。

■ 便利なクイックスタートガイド付き!
付属のクイックスタートガイドは、レシピ画像付きで見やすく、材料も紹介されていて、食材のお買い物にも便利です。

■ キッチンにつきっきりでなくても大丈夫!
火を使わない電気の調理だから、「クックフォーミー エクスプレス」が調理している間、キッチンにつきっきりでなくても大丈夫。自由な時間が生まれます。

■ 使用後のお手入れもカンタン!
内側はこびりつきにくいセラミックコーティング。なべ自体も軽いので扱いやすく、洗うときもラクラク。食洗機対応です。

 

 

 

【ティファール】  https://www.t-fal.co.jp/
ティファールの製品情報・生活に役立つ楽しいコンテンツやレシピがいっぱい!
※写真、イラストはイメージです。印刷のため、実際の色と多少異なる場合がございます。また、このリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、デザイン、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

PDFはこちら → https://prtimes.jp/a/?f=d17190-20190730-9539.pdf

Comments Are Closed!!!